Story

Storyストーリー

『奥へ奥へ』

やみくもに広げない、中途半端な皿は創らない。
もっと幅広く、もっとたくさん、ではなく、
私達は常に奥へ奥へと、料理、空間、おもてなしを追求し続けてまいりました。
終わりなき食材と料理の追求。おもてなしの在り方。
一皿、一皿を、奥へ、奥へ、と追求し続けた24年間の博多廊の拘り。

中洲の地でで生まれ、大名で育ち、昨年より新たに白金を舞台に、
歴史を刻み続ける『九州の旬 博多廊 本店』。
歴史と伝統を重んじ、違和感のない真新しさを追求し続け、
旬を見極める目、旬の素材を活かす手、温故知新の心を磨き続けてまいりました。
2024年、春。
20年を超える九州の旬 博多廊のヒストリーに新たなストーリーを紡ぎます。

国内外から福岡の食を求めて人々が訪れる福岡一の美食の街、西中洲。
博多を代表する2つの鍋料理、水炊き、もつ鍋を中心に、
新たな角度の『九州の旬』をこの西中洲を舞台に博多の味を、展開します。

「博多には旨いものがたくさんある」
その期待にお応えしてきた博多廊。博多名物、ごまさばや、泳ぎ烏賊の生き造りをはじめ、水炊きともつ鍋の両方が味わえる店として、
また博多にいながら九州各地の郷土料理を味わえる店として、長年親しまれてきました。
水炊き、もつ鍋、博多を代表する2つの本格的な鍋料理を愉しめるのは博多廊の歴史あってこそ。

『九州の旬』を奥ヘ、奥へと追求してきた私達だからこそ、お客様に届けたい博多の味があります。
私達が奥へ、奥へと、追求した料理の技術、心からのおもてなしを、訪れた皆様へお届けし、
この西中洲という街を、さらなる美食の街となるよう、街の価値を高めてまいります。

水炊き もつ鍋 博多廊 西中洲 2024年春